いかした、ガレージ野郎

  • 2019.04.20 Saturday
  • 19:55
いかしたガレージ野郎です。



最近、はまっている、こいつ、





「誰、誰、」


そう、彼はいかしたガレージ野郎



gunma17


個人的にもかなり注目しているYouTuber、GUNMA-17のご紹介です!今回は「GUNMA-17とは何者?」という方のために、詳しくご紹介していきたいと思います。

GUNMA-17といえばバイクや車のレストア系の動画のイメージが強いですが、実は他にも色々なDIYに取り組んでいるんです。


凄い、おもしろいです。








何でも、直す、なかったら作れ。






バイカー必見シャツ入荷です。



ショットのアロハ?柄シャツ、


サイズM-XL

満開ですなー。

  • 2019.04.13 Saturday
  • 20:29
「満開ですなー。」


花見したいですなー。



酒、浴びるぐらい飲みたいなー。







が、しかし?


わたくしの、休みの日に限って、




「なぜ、真冬の、寒さ。」



「トコトン、ついてない。」




……………


……


暖かい、ゴールデンウィークに、



秘密兵器入荷です。


シリーズ、チャムスです。

目覚めた。

  • 2019.04.06 Saturday
  • 19:49
朝、出勤前のいつもの日課、



観葉植物に、餌やり、




彼が眠っている、水槽チェック、



ン!…



ン!………




「目覚めた。」








4ヶ月ぶり、今年も無事に目覚めました。




春やっとはじまりました。




春(爆)はじまりますよー。









今年も、アヴィレックスUSAより、


かなりヘビーな生地のT入荷です。

もぞもぞ、

  • 2019.03.30 Saturday
  • 20:20
「もぞもぞ。」


「もぞもぞ、もぞもぞ。」




3月末、



もうすぐ、彼が、彼が目覚める。




そう、彼です。







冬眠中の、彼が目覚めそう、



……………




デニムジャケットの季節です。


リーバイスの新作です。


クール素材配合。

足踏み状態。

  • 2019.03.23 Saturday
  • 19:34
足踏み状態が、続いています。


足踏み状態が2週間。



暖かい、寒い、暖かい、寒い。




これが、三寒四温です。






後少し、後少しの我慢、






新年コロンビア春ジャケット入荷です。


柄は、インコ柄。

奥が深い。

  • 2019.03.14 Thursday
  • 19:47
NLW、最近ここの、バンドメイドルアー


に、興味があり色々調べています。


NLW代表、西根氏のブログでこんなのが


ありました、


銀幕を味方にするルアー』?
ここから先は、水面銀幕を味方にするルアーについて書いてみたいと思います。
水面銀幕について一番大切な事。それは、水面銀幕は水中の何処からでも見えるものではない、という事を知っておかなければなりません。前回、長々と書かせて頂いたウェイクベイトの話で言えば、例えばウェイキング中のウェイクベイトを、水深3mの位置から真上に見上げると、水面銀幕は見えません。言ってみれば、ルアーが空をバックにしてぽっかりと浮かんでいるような状態で、ルアー単体のシルエットが黒く見える状態だと思います。ルアーを中心として、V字波を引いたり、波紋が広がってたり(この状態だからこそ、引き波を視覚刺激として利用できる)。


で、水深3mから徐々に浮上しながら、横方向に目線をずらしてみるとしましょうか。すると、あら不思議!(笑)ある一点を越えたところで、今まで見えていた空が突然見えなくなり、かわりに水面銀幕が出現するんです。これは水面に対する目線の角度が、ある一定の角度より浅くなった時に起こる現象。そして、僕自身はバスがこの範囲内に居る時に最大限の効果を発揮するルアーを、『銀幕を味方にするルアー』と考えています。?
じゃあ、どんなルアーが、銀幕を味方にするルアーかというと・・・・・・
ズバリ!超サブサーフェスルアー!!それも深度5〜7センチ以内を泳ぐルアー!!

?


この深度を泳ぐルアーって、せいぜい微妙に水面を盛り上げるか、引き波が立ったとしても、筋を一本引くぐらいですよね。 盛大な引き波を立てるウェイクベイトに見慣れた釣り人の目からすると、こんな貧相な引き波で釣れるの?ってなぐらいの、ショボショボな引き波(笑)ですが、この超サブサーフェスレンジではそんなショボショボ波でいいんです(と言うか、引き波を立てすぎると釣れません)。?
引き波を立てすぎない事。『水面銀幕』を最大限有効に使うコツはここにあります。人間目線で見ると、超ショボショボな引き波。これをバス目線で見てみると、これが全く別物なんです。表現は難しいのですが、水面直下を泳ぐルアーの姿が銀幕に映り込み、かつその銀幕が微妙に揺らいでいる状態。言ってみれば、ルアーの実体と水面に映りこんだルアーの姿が背中合わせになって見える状態なんですが、バスの目線から見てみると(ルアーの斜め後方から追尾している状態)、水面銀幕にルアーが映りこんで、チラチラユラユラと実にルアーを判別し辛い状態なんですね。
まさに銀幕マジックです。で、これがルアーの深度が深くなりすぎると、水面に映りこんでいるシルエットとルアー実体が分離してしまって、銀幕マジックが効かなくなるような気がしています。そのベスト深度が5〜7センチぐらい(たぶん)。そして、この深度は表層を泳ぐベイトフィッシュが泳ぐ深度そのものでもあり、バスにとっては非常に違和感のないレンジと思われます。



かなりヤバめです。






春夏活躍間違いなし。

日に日にですね。

  • 2019.03.09 Saturday
  • 19:53
日に日に、暖かくですね。



しかし、まだまだ「寒い」








寒々しいフィールド、


今年始まって、釣りビト


「2人しか、会ってません。」



まだまだ、シーズンoffですなー。








やっと再入荷です。



ザ・ノース・フェイス


ドットショットです。少量入荷です。

今流行りの、

  • 2019.02.28 Thursday
  • 19:32
いよいよ、暖かい気候になりかけてます、



暖かい日、寒い日が交互に、




三寒四温ですね。





ン!…





今年も……







ま、「目が、目が、かゆい、」






「今年も、目のかゆみ、襲って来てます。」






今年も、こいつの登場です。









まだ、目がかゆいだけですが、



やはり、そのうち鼻、目、喉、やられるのでしょうか?









今年流行りの、ソロキャンプドゥエース。

なんとか、なんとか。

  • 2019.02.23 Saturday
  • 16:12
オソバセながら、わたくし


「お正月、休暇いただいていました。」



「もちろん、宇治川パトロールでした。」



「4日、全て、ウジパトロールでした。」



かなり満喫、満喫しました。




家族の目線は、「レーザー光線の痛いモノでした。」






一応、今季初fishいただきましたけど、







家族の目線は、……………。








CM見ましたか。



「タクヤ、リーバイスのCMに、帰り咲き。」

502 / REGULAR TAPER】
1999年6月に、ブリュッセルで行われたデザイン会議で生まれたリーバイス®エンジニアドジーンズ™ (Levi’s® Engineered Jeans™)が、20年の時を経て新たにアップデートされて登場。
エンジニアドジーンズは、世界初の3D Construction(立体裁断)“ジーンズであるリーバイス®レッド(Levi’s® RED)を継承し、人間工学に基づく立体裁断で、ヒザなどの動きがより機能的になると同時に全く新しいシルエットとして誕生しました。コンセプトは、穿く人すべてが快適に、そしてアクティブになれる自由さをスタイリッシュに演出するジーンズ。501®を穿いていくうちにでるサイドシームのねじれをインスピレーションに、左右のサイドシームが大きく内側にねじれているデザインが特徴です。2019年モデルは、靴とのバランスを美しく見せるため、全て裾にかけて細くなるテーパードシルエットになっています。
この502™レギュラーテーパーは、一番ベーシックな、ボタンフライ仕様のレギュラーテーパードシルエット。ワンウォッシュさせた濃紺のリンスカラーは、どんなスタイルにも合わせやすく、細身のパンツが苦手な方にもおすすめです。
バックウエストには、1999年の発売当時には付けられていなかった、アイコニックなレッドレザーパッチ付き。TWO HORSEマークが浮き出るように作られたパッチの加工は、2019年のリーバイス®エンジニアドジーンズ™の新しいシンボルです。ヒップの立体感に合わせ布を切り替えるバックヨーク部を、より体にフィットするダーツに置き換えることで、さらなる動きやすさを追求。生地には4WAYストレッチかつ12.68OZを採用し、柔らかく、軽やかで抜群の穿き心地を実現しています。

サブい、

  • 2019.02.07 Thursday
  • 12:18


「サブい中、ひさびさ夜琵琶湖」




身体、清め行って来ました。






とりあえず、サブい中、


「キャスト、キャスト、キャスト」




サブい中、





「キャスト、キャスト、キャスト、」





サブい中、



「………、………、………、」






4時間、「がんばりました。」





「あたり無し、ナンモおきず、終了」





身体は、しっかり清めました。





春新作入荷ドゥエース、





GRAMICCIロングパンツの顔ともいえる定番品番、NN-PANTSのレングスを短く設定したモデル。
裾にかけて細くなるテーパードシルエットですが、ストレッチ素材の使用や、ウェービングベルトによるウエスト調整、股部分の180度開脚可能なガゼットクロッチによって、単なる細身のパンツではなく、アクティブなシーンにも対応可能。これが快適性と足運びの良さを実現します。素材のストレッチツイルはGRAMICCIの定番素材で、1年を通して着用いただけます。バックポケットには、ベルクロ開閉を採用しており、大切な荷物を落とす事はありません。
一本は持っておきたいグラミチの代名詞的存在のクライミングパンツです。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM